米ロス市警のキンバー1911「LAPDメトロカスタム」ご注文はお早目に!

2 9月

LAPD
ガスブローバック®
WA LAPDメトロカスタム
■ 標準価格 40,000円(+税)
■ 10%OFFセール価格 36,000円(+税) 
■ 絶賛発売中!

LAPDLT
ガスブローバック®
WA LAPDメトロカスタム/ウエポンライトモデル
■ 標準価格 48,000円(+税)
■ 10%OFFセール価格 43,200円(+税) 
■ いよいよ残りわずかです。ご注文はお早目に!

ポリマーフレームの次世代オートマチックピストルが、これからの軍・警察装備の主流と提唱される現在においても、100年以上も前に開発されたシングルスタック&シングルアクションの機構を持つ1911、45オートマチックに寄せる信頼感は、いまだ絶える事はありません。

これまでも米国連邦捜査局FBIのスワットや、米国海兵隊の特殊部隊、同陸軍特殊部隊のデルタフォース等がコルトM1911を源流とした45オート・カスタムを制式装備として採用している
ことが知られています。

現在、アメリカ合衆国で3番目に巨大な警察機構と言われるLAPD(ロサンゼルス市警)のメトロポリタンディビジョン=通称『メトロ』も、キンバー社のカスタム1911を制式装備として配備を進めているそうです。

LAPDメトロは、映画『SWAT(2003)』でも描かれたロス市警のエリート部隊スワットチームを含む精鋭セクション。

そのLAPDメトロによるキンバー1911の選択には、エリート中のエリートである彼ら隊員達の45オートマチックに対する絶大な信頼感があり、これまでも押収された1911ピストル等をカス
タマイズするなどして使用してきたと言う背景があるのだとか。

そして、このたびWAがモデルアップしたのはLAPDメトロに求められたスペックを反映させて
キンバー社が生産・供給する特注モデル『LAPD メトロ・カスタム』です。

LAPD01

LAPDメトロカスタムはシンプルにまとめられたタクティカルガンですが、大型化された前後のサイトと扱いやすいサムセフティレバー。スライドにフロントコッキングセレーションと、フレームのフロントストラップにチェッカリングを追加したスタイルは、これぞ最前線でプルーフされた実績を持つ最高スペックのタクティカル1911のデザインであると言えるでしょう。

WAでは独自のカーボンブラック・ヘビーウエイトをスライドとフレーム部材として採用。
機械加工を駆使する事でスライドのセレーションやローマウントリアサイトのセッティング等を忠実に再現致しました。
ポリッシュとブラストショットで仕上げられた素材表面はプロのツールを思わせる猛々しさをただよわせております。

LAPD02

また今回はメトロ隊員のオーダーによって更にカスタマイズされたスペシャルモデルをモチーフにしており、左右両側から操作出来るナローフォルムのアンビセフティや、スムーズなマグチェンジをアシストする大型のマガジンウェル。
それに準じたエクステンディッドマガジンバンパーやCBヘビーウエイト製で再現されたカスタムグリップパネルを追加装備したデラックスな仕様となっております。

そのほか真鍮材削り出しクロームメッキ仕上のアウターバレルや、ステンレス製のフルレングスリコイルスプリングガイドロッド、ソリッドに磨き上げられたメタルチャンバーカバー等を装備し、実銃に迫る手にズッシリと来るヘビーな重量感を実現。
彫刻仕上げでシャープに再現されたスライドとフレーム部のマーキング類は、ロス市警エリート部隊装備の証として燦然とその存在感を放っております。

LAPDLT1

このプロフェッショナルユース1911の最高峰として製作された『LAPD メトロ・カスタム』
を45オートファン、ガスブローバックファンの皆様にお届け致します。

通常の本体モデルに加えて、本格的なアルミ製X300タイプのタクティカルライトを標準装備した『LAPD ウエポンライト・モデル』の選べる2タイプをラインナップ!

圧倒的な重量感と手ごたえ。ハイクオリティな外観とメカニズム。マグナ・ブローバックならではの作動性能。
ウエスタンアームズの今が凝縮されたLAPDメトロカスタムをどうぞお見逃しなく。

※各製品はフリーダイヤル(0120-1911-45/12:00-20:00)にても、ご注文受付中です。一万円以上のご利用で、送料・手数料サービス!

※製品情報は更新日のものです。品切れ/完売の際はご容赦下さい。

記事を共有する
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone