あぶデカモデル「WA【コルト】MkⅣシリーズ80 ワイルドホーク・カスタム」絶賛発売中!

10 7月


wildhawk1905-00

ガスブローバック®
WA【コルト】MkⅣシリーズ80 ワイルドホーク・カスタム
■ 標準価格 40,000円(+税)
■ 今なら3,000円クーポンプレゼント!
■ 絶賛発売中!

「あぶない刑事」は、1986年にTVドラマとして放映されて以来、続編のTVシリーズと全7作の劇場版が製作され、日本の刑事ドラマ史に残ると言っても過言ではない、足掛け30年にも及んだ大人気シリーズです。

2016年に製作された最終作「さらば あぶない刑事」では、主演の2人はもちろん主要キャストが実に10年ぶりに勢ぞろいした事でも注目を集めました。

タカ&ユージのおよそ刑事らしからぬファッションと言動もさる事ながら、特に舘ひろし演ずる鷹山刑事が使用した専用銃=通称「タカ・カスタム」は、昨今では珍しい凝った造りのモデルを採用しており、刑事ドラマファン、ガンファンらの目を楽しませてくれました。

「タカ・カスタム」は1996年に公開された劇場版「あぶない刑事リターンズ」で初お目見えしたコルト・ガバメントをベースにしたカスタムガンで、以降の劇場版3作にもそれぞれ工夫を凝らした異なる仕様のモデルが登場した事で知られております。

TVシリーズでは357マグナムのリボルバーを使用していた鷹山刑事が、愛銃をガバメントに持ち替えた経緯は、プロップガンに特別なこだわりを見せる舘ひろし氏の意向があったとか。

WAでは大ヒットした映画「さらば あぶない刑事」で鷹山刑事が使用した、コルトMkⅣシリーズ80をデカ仕様の『ワイルドホーク・カスタム』としてお届け致します。

wildhawk1905-03

このモデルは80年代にガバメント・モデルのバリエーションとしてコルト社からリリースされた「コンバット・ガバメント」をベースにしています。

特徴は大型化されたターゲット用パートリッジフロントサイトをはじめとし、ロングトリガー、ストレートタイプのスプリングハウジング、ランパンコルトのメダリオンがあしらわれたラバーグリップ等を採用し、コスメティックチェンジが図られたファクトリーメイドのセミカスタムとして製作されている点が挙げられます。

さらに『ワイルドホーク・カスタム』ではコルト社伝統の鋸刃状セレーションを傾斜型に改め、よりスマートな印象があたえられております。

これらの特徴を踏まえ、定評のあるカーボンブラック・ヘビーウエイトをスライド&フレーム部材に使用し均整の取れた美しいコルト・ガバメントのフォルムをリアルに再現致しました。

wildhawk1905-04

スライドには機械加工で再現されたセレーションの他、右側面に彫刻仕上でシャープに彫り込まれたCOMBAT GOVERNMENT MODELの専用マーキングが存在感を放っています。
またエジェクションポート部分にはガバメントのカスタムポイントの定番とされる、ロワー&フェアバック加工が追加され、オリジナルのガバメントとはひと味違うコンバットモデルのスタイルを再現しております。

また今回の『ワイルドホーク・カスタム』には、WAのプロダクツとしても非常に高い評価を頂いているリアルスチール・フィニッシュを導入致しました。

ハンドワークで仕上げられるスライドとフレームは、ブルーイング(黒染)処理ののち、WAファクトリー熟練スタッフの職人技で1つ1つポリッシュ加工を実施します。
これによって通常の塗装表現では味わえない深みのある鉄肌感に富んだ質感に加えて、エッジ部分のブルーイングの絶妙なかすれ具合が、まるで使い込んだかのようなリアルな雰囲気を醸し出します。

wildhawk1905-06

デカ仕様のイメージを盛り込んで、ハイグレードにモデルアップされた「コルト・コンバット・ガバメント」。
ツウ好みな「MkⅣシリーズ80」久々のラインナップは、ガバメントファンとしても注目して頂きたいバリエーションとなっております。
映画ファンのみならず、是非この機会に手にされてみてはいかがでしょうか。

※各製品はフリーダイヤル(0120-1911-45/12:00-20:00)にても、ご注文受付中です。一万円以上のご利用で、送料・手数料サービス!

※製品情報は更新日のものです。品切れ/完売の際はご容赦下さい。

記事を共有する
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone