WA/GUNNET "マグナ"ブローバック・システム搭載で、驚愕のリアリティ&作動性能を実現!
ガス・ブローバックガンのことなら、ウエスタンアームズ直営ガンネットへ!!
?楔?
English


ようこそ、ゲストさん ログイン   アカウント情報 買い物カゴを見る レジに進む

WESTERN ARMSトップ > M1911シリーズ タクティカルモデル > 【完売】WA SIG1911 プロカット・ハイキャパシティ 4.0
【完売】WA SIG1911 プロカット・ハイキャパシティ 4.0

2024 NEW YEAR WA福袋モデル
完売いたしました。

沢山のご注文をいただき 誠にありがとうございました。
心より 厚く御礼申し上げます。


● 全 長:約197mm
● 銃身長:約95mm
● 重 量:約916g
● 装弾数:26+1発
■ 商品コード:WA-SAFY
□ 限定生産品
● S.C.W.ハイスペック・カスタムver.3仕様
● トランスファーハンマーver.3
● 新型シアー&ディスコネクター
● 精密6.03mm固定ホップアップバレル
● Rタイプ・マガジン
● カーボンブラックHW樹脂製スライド
  黒染(ブルーイング)仕上

■ オプション/スペアマガジン(WA-SV11)
 

送料・手数料 無料
税込標準価格 49,500円
税込販売価格 49,500円


●アグレッシブな造形美が見る者を虜にするSIGプロカット×ハイキャパシティの融合。
 1911クローンの常識を覆す WA 2024 【福袋モデル】 降臨。




[ 欧州に生まれ 米国で熟成されたトップブランド ]

2017年1月、ベレッタM9に代わる米軍の新しい制式拳銃MHS(モジュラー・ハンドガン・システム)としてSIG Sauer社のP320をベースとしたM17およびM17が採用され、ファイアアームズ界における同社のブランドは確固たるものになりました。

P320を開発したSIG Sauer社は、1853年にスイスで設立され同64年にSIG(スイス産業会社の意)に社名を変更し立ち上げられた銃器メーカーを起源とします。

SIG Sauer社は、1985年に同社のダブルアクションオートP220シリーズとP230シリーズを米国に輸入するための子会社としてSIG ARMS, Inc.を米国バージニア州タイソンズコーナーに設立しました。

その後SIG ARMS, Inc.は、1990年にニューハンプシャー州エクセターに移転し大規模な生産施設を設け、社名をSIGSauer, Inc.に変更し現在に至ります。
P320をはじめとするSIGSauer, Inc.の製品は一貫して米国内で設計し生産が行われています。

[ SIGの挑戦 GSR=SIG1911 ]

SIGが米国ハンドガンマーケットに参入するにあたり新たに開発されたモデルが、米国内で多大なる支持を得ていたコルト・ガバメントを起源とする1911クローンで、それはSIG GSR (Granite Series Rail)と名付けられました。

SIGはGSRの開発に、IPSC(国際実用射撃連盟)のトップシューターであり、カスタムガンスミスのマット・マクラーレン氏を招き入れ、これまでの1911クローンとは一線を画する革新的な製品を生み出すことを目指しました。


それは、米老舗のCaspian Armsのスライドとフレームをはじめ、Novak社のリアサイトなど、米国内トップブランドのカスタムパーツを積極的に取り入れて組み立てられたことに現れており、カスタムガンメーカーが作るフルハウスカスタムに匹敵するクオリティで製作されたといいます。

WAでは、一連のダブルアクションオートでつちかわれたノウハウを注ぎ込んで開発されたヨーロッパの血統を継ぐ1911クローンに、その開発当初から着目し各種のバリエーションをモデルアップしてきました。

そしてこのたび、米法執行機関の制式採用が起因となり、最先端のデューティーガンとして再び脚光を浴びるダブルスタック(複列式弾倉=ハイキャパシティ)フレームを搭載したニューバージョンをWA SIG1911の最新作としてお届けします。

[ スライドのカスタムポイント ]

定評のあるカーボンブラックヘビーウエイト材で製作されたスライドはSIG1911シリーズ専用のもので、スクエアな断面を持つ直線的フォルムは1911クローンというよりもむしろ同社P226系のデザインを継承しているのが特徴であり大きな魅力であります。

SIGをはじめグロック、H&K等、現在軍・警察用オートピストルの主流とされるコマンダーレングス(4インチ前後)にカットされたスライドには、上部左右2箇所づつと先端に「プロカット」と名付けられたライトニングカット加工が施されています。

これは、スライドを軽量化することで後退時の反動と前進時に生じるブレが緩和され、スライドの駆動サイクルが上昇しスライドリカバーのスピードを高める効果があるとされるカスタマイズです。
くわえて、スライドの窓から覗くバレルアッセンブリーのディティールがメカニカルな造形美を醸し出し、アグレッシブなルックを演出しています。



リア部に加えてフロント部に機械加工で再現された幅広のコッキングセレーションはタクティカルな面構えを演出するとともに、グローブをした手でも容易に操作できる実用性を有しています。

先端部のいわゆるリーフカットはあまたある1911クローンのスタイルを払拭したP226系の意匠が継承されているのが特徴で、フレーム側のダストカバー部分を延長するデザインを採用しています。

フロントサイトには光源下で緑色に蛍光するファイバーオプティックを搭載。
衣服等への引っ掛かりを軽減するスナッグフリーのヘイニーローマウントサイトと組み合わせられ、抜群のサイトピクチャーを発揮します。

リアサイト前方部は深くえぐり込まれコッキングショルダーの機能も兼ねており、スライド上部を逆手に握って操作する際に有効なスタイルを備えています。

バレルアッセンブリーはブラス材削り出しクロームメッキ仕上のブルバレルを搭載。
スライド先端のプロカットとのコンビネーションがSIGオートならではの得もいわれぬメカニカルなフォルムを醸し出しています。

またチャンバー部分にはSIG1911の特徴である外装式エキストラクターが金属製の別パーツで再現されているのも魅力のひとつです。

[ フレームのカスタムポイント ]

ハイキャパシティ化されたフレームサイドの特徴は、サブフレームと称するフルメタル製シャーシに、強化樹脂製フレームを組み合わせたモジュール構造を採用している点が挙げられます。

スライド側の厚味にあわせて左右両側面をソリッドにシェイプしたサブフレームには、ダストカバー部分にウエポンライトなど各種アクセサリーの装着に対応する20mm幅のピカティニレールを装備。

トリガーガードまでが一体のモジュラーグリップフレーム部材は、ハンドリング時のたわみを押さえる強化樹脂を使用。2箇所に渡りダブルアンダーカット加工が追加されています。

これはダブルハンドホールディングした際に、保持したウイークハンドも合わせてより高い位置でグリッピング出来るようにデザインされたものです。

左右から操作可能なアンビデクストラスのエクステンディッドサムセフティやスライドストップは金属製のサブフレームより一段低い位置に埋め込まれるようにデザインされており、レバー類の誤作動防止に役立っています。

ハンマーはロックタイム(ガスガンの場合トリガーを引いてからバルブを開放するまでの時間)の高速化を図るリング状のスケルトンハンマーを採用。

ハイライドグリップセフティは、高い位置でグリップを握り込んだ際ハンマーで親指の付け根を痛めないためのものですが、この機能を保ったままテール部分をミニマムに加工を施し、可能な限り小型化されているのが特徴です。下部にはメモリバンプが設けられ、意識せずともグリップセフティを解除できる高い操作性を兼ね備えています。

SIGのロゴマークがあしらわれたフルサイズレングスのグリップは、底部のウェル部分をオミットしコンパクトモデル用のショートマガジンを組み合わせることで、マガジンがフレームに内包されたスナッグフリーのフォルムを実現しています。


機械加工ならではのシャープな造形美が見る者を魅了する圧倒的な存在感を放つ SIGプロカットスライドと、レースガンでつちかわれた射撃性能をフィードバックした高いポテンシャルを誇るハイキャパシティフレームの融合。

WAが導き出した、時代に求められる究極のタクティカルガンの手応えを あなたもその手で実感してみてはいかがでしょうか。


● スライドのメンテナンス

カーボンブラックヘビーウエイト材の表面仕上は素材の質感を生かした風合いを重視し、塗装コーティング等の処理を行なっていません。

このため塗装仕上等と異なり、素材に混入された合金粉層が露出した状態になっていますので、経年や使用の頻度等により酸化・変色する場合があります。

ご使用後は、別売のシリコンスプレーで素材表面に付着した汚れ(手の皮脂など)を拭き取る等、定期的にメンテナンスすることを推奨しています。

 

 

現在の買い物カゴの中身
カートは空です...
0円
レジに進む

商品検索

商品カテゴ・?

M4A1シリーズ
M16シリーズ
ベレッタシリーズ
M1911A1シリーズ
オーソドックス
タクティカル
レースガン
コンパクト
その他シリーズ
M4A1用アクセサリー
ベレッタ用アクセサリー
M1911A1用アクセサリー
消耗品&メンテナンス用品

ご利用ガイド

ご注文の手順
お問い合わせ
FAQ
訪問販売法に基づく表示
サイトのご利用について

※各製品は予告なく仕様が変更される
 場合がございます。ご了承ください。

動画説明書

渋谷店公式ブログ
渋谷店公式ブログ
渋谷店情報


SSL/TLSとは?

ページのトップへ戻る


ご注文の手順 お問い合わせ FAQ 特定商取引法に基づく表記 サイトのご利用について