WA/GUNNET "マグナ"ブローバック・システム搭載で、驚愕のリアリティ&作動性能を実現!
ガス・ブローバックガンのことなら、ウエスタンアームズ直営ガンネットへ!!
?楔?
English


ようこそ、ゲストさん ログイン   アカウント情報 買い物カゴを見る レジに進む

WESTERN ARMSトップ > ベレッタシリーズ > 【完売】WA【ベレッタ】M92FS V8フルオート
【完売】WA【ベレッタ】M92FS V8フルオート

完売いたしました。ありがとうございました。

● 全 長:約217mm
● 銃身長:約112mm
● 重 量:約960g
● 装弾数:25+1発
■ 商品コード:WA-BTWN
□ 限定生産品
● パーフェクトバージョン仕様
● 精密6.03mm可変ホップアップバレル
● N.L.S.内蔵 Rタイプマガジン
● カーボンブラックHW製スライド&フレーム
  マットブラック焼付塗装仕上

■ オプション/スペアマガジン(WA-1P)
 

送料・手数料 無料
税込標準価格 41,800円
税込販売価格 41,800円


●2023年NEW YEARを飾る、マグナ・ブローバックのマスターピース ベレッタM92FSに
セミ&フル セレクティブファイア・ユニットを搭載したマシンピストル・カスタム。





[ フルオートハンドガン=マシンピストル ]

マシンピストルとは、フルオート(全自動)射撃を可能としたハンドガンとカテゴライズされます。
現代特殊部隊等の装備として主流とされる、コンパクトに設計されたサブマシンガンとの境界線があいまいとされますが、サブマシンガンはハンドガン用の弾薬を使用するフルオート射撃が可能なカービン銃を示すのに対し、マシンピストルと称されるものはハンドガンをベースにしたバリエーションであると分類することができます。

マシンピストルとして初めて実用化されたものは、第一次大戦中オーストリア=ハンガリー軍制式拳銃であったステア―M1912をベースとしたM1912/P16といわれており、これは1916年に開発され960丁のみが製造されています。

その後もドイツのモーゼル社が世界で初めて商業的に成功した自動拳銃であったC96をベースにしたシュネルフォイヤー(連射の意)を1932年に開発。ロシア軍では1951年にスチェッキン(APS)を制式装備として導入しています。

イタリアのベレッタ社でも1960年代に特殊部隊向け対テロ装備として、M92FSの原型となった軍用拳銃M1951のバリエーションとしてM951Rを製造しています。



[ V8の咆哮 フルオートタクティカルカスタム ]

マシンピストルはミリタリー&ポリス向けに開発されながらも、その分野においては主流には至らず特殊目的の装備とされています。
その理由は1kg前後の重量でありながらフルオートの発射速度が高いため、制御が困難で使いこなすには高度な訓練を要することが挙げられます。

しかしながらアクション映画やゲームの世界では、その特殊な機能性から無敵のウエポンとして扱われることもしばしば。

そこでWAでは、重量感、リアリズム、作動性能の一級品として定評のあるベレッタM92FS パーフェクトバージョンをベースに、現代プロフェッショナルユースに求められるカスタマイズを取り入れたタクティカルマシンピストルとして「V8フルオート」をお届けします。



[ スライドのカスタムポイント ]

カーボンブラック・ヘビーウエイト材で製作されたスライドにはフロントコッキングセレーションを追加。初弾ローディング時の操作を容易にすると共にタクティカルな面構えを演出しています。

ダブテイル化されたフロントサイトには光源下で赤く蛍光するファイバーオプティックを搭載。
ホワイトポイント入りのコンバットリアサイトと組み合わせられ、優れたサイトピクチャーを発揮します。

大型化されたリアサイトはコッキングショルダーの機能も兼ねており、スライド上部を逆手に握って操作する際に有効なフォルムを備えています。



近代のマシンピストルやコンパクトサブマシンガンにはフルオート射撃時のコントロール性を向上させるために、ポート付バレルやマズルブレーキの類いを採用するものが多く見受けられます。
WAのV8フルオートも、上面にSTAINTESSのマーキングがあしらわれたシルバーカラーのアウターバレルに、斜め上方に向けて左右4箇所づつ計8箇所の排気孔が開けられています。

スチール製のフルレングスガイドロッドは、トップヘビーなバランスを実現しながら、高速駆動するリコイルスプリングの確かな伸縮をアシストしてくれるものです。



[ フレームのカスタムポイント ]

フレームはダストカバー部分にウエポンライトなど各種アクセサリーの装着に対応する20mm幅のピカティニレールを装備したM9A1タイプを採用。
フロントとバックストラップにチェッカリングが追加されているほか、小振りなビーバーテイルの基部はハイグリップカットによってシェイプされ、優れたホールド感を提供します。

左右のグリップパネルには、ベレッタM92ビレニウムに採用されたカーボンファイバータイプを彷彿とさせる新型ポリマーグリップがあしらわれておりアグレッシブな存在感を放ちます。



プルーフされたRタイプマガジンと可変ホップアップバレルを採用したパーフェクトバージョン仕様のメカニズムから繰り出される、圧倒的なフルオートブローバック。

ヘビーウエイトモデルならではの握ったその手を揺さぶるような重量級のリコイルを楽しむも良し。
ハンドガンサイズのマシンピストルとしてサバゲフィールドに持ち出すも良し。
暴れん坊のマシンピストルでも、トリガーコントロールによる3発〜4発のバースト射撃(小刻みに引き金を引き分ける)なら、ターゲットペーパーに全弾撃ち込むことも楽しめるはず。

シューティングの面白さとマグナ・ブローバックガンの醍醐味が存分に味わえる、プレイバリュー満点のニューモデルとしてWAが全てのトイガンファンにV8の咆哮をお届けします。



■特徴1:シングルアクション

V8フルオートはシングルアクションとして設計されている。通常のM92FSと異なりセフティレバーにデコッキング機能はないが、コック&ロック(撃鉄を起こした状態で安全装置をかけて保持する)のプロユース仕様となっている。

■特徴2:セミ&フル セレクター

V8フルオートは任意のセレクティブファイアが可能だ。スライド上部のセフティレバーをONとOFFの中間位置にすることでフルオート射撃が可能となる。セフティレバーを水平位置にするとセミオート射撃に切替えることができる。

■特徴3:ロングスライドストップ

ロングスライドストップはレバー部が延長されホールドした右手の親指で操作ができる。これによってBB弾を装填していない時でもレバーが上がらないように親指を添えて押さえておけば、迫力あるフルオートのカラ撃ちが楽しめる。

■ 左側面

■ 主な仕様(スライド側)
□ V8ポーテッドアウターバレル
□ フロントコッキングセレーション
□ ドブテイルファイバーOPCフロントサイト
□ コンバットリアサイト
□ スチール製ガイドロッド
□ セフティ&セレクティブレバー

■ 右側面

■主な仕様(フレーム側)
□ インテグラルピカティニレール
□ スケルトンハンマー
□ ロングスライドストップ
□ ハイグリップカット
□ チェッカードストラップ
□ HEXヘッドグリップスクリュー
□ フラットハウジングキャップ

 

 

現在の買い物カゴの中身
カートは空です...
0円
レジに進む

商品検索

商品カテゴ・?

M4A1シリーズ
M16シリーズ
ベレッタシリーズ
M1911A1シリーズ
オーソドックス
タクティカル
レースガン
コンパクト
その他シリーズ
M4A1用アクセサリー
ベレッタ用アクセサリー
M1911A1用アクセサリー
消耗品&メンテナンス用品

ご利用ガイド

ご注文の手順
お問い合わせ
FAQ
訪問販売法に基づく表示
サイトのご利用について

※各製品は予告なく仕様が変更される
 場合がございます。ご了承ください。

動画説明書

渋谷店公式ブログ
渋谷店公式ブログ
渋谷店情報


SSL/TLSとは?

ページのトップへ戻る


ご注文の手順 お問い合わせ FAQ 特定商取引法に基づく表記 サイトのご利用について