WA/GUNNET "マグナ"ブローバック・システム搭載で、驚愕のリアリティ&作動性能を実現!
ガス・ブローバックガンのことなら、ウエスタンアームズ直営ガンネットへ!!
?楔?
English


ようこそ、ゲストさん ログイン   アカウント情報 買い物カゴを見る レジに進む

WESTERN ARMSトップ > M1911シリーズ オーソドックス > 【残少】WA【コルト】M1911 ブラックアーミー
【残少】WA【コルト】M1911 ブラックアーミー

いよいよ残少。ご注文はお早めにどうぞ。
※※【3,000円 クーポン対象商品】※※


● 全 長:約216mm
● 銃身長:約114mm
● 重 量:約1,028g
● 装弾数:21+1発
■ 商品コード:WA-GMTY
□ 限定生産品
● S.C.W.ハイスペック・カスタムver.3仕様
● トランスファーハンマーver.3
● 新型シアー&ディスコネクター
● 精密6.03mm固定ホップアップバレル
● Rタイプ・マガジン
● カーボンブラックHW樹脂製スライド&フレーム
  黒染仕上&サイド ヘアライン加工

■ オプション/スペアマガジン(WA-GM4)

■ オプション/レザーヒップホルスター(WA-251)
■ オプション/レザーショルダーホルスター(WA-253)
■ オプション/レザーマガジンポウチ(WA-255)

■ オプション/パドルホルスターセット(WA-243)
 

送料・手数料 無料
税込標準価格 41,800円
税込販売価格 41,800円


●優れたデザインと圧倒的なマンストッピングパワーで 現代に息づく軍用拳銃のマスターピース。
 ヘアライン加工の重厚な存在感でモデルアップされた コルト・ガバメントのオリジン。



[ 漆黒のミリタリーガバメント ブラックアーミー ]

19世紀末、米軍はそれまで使用していた伝統的なリボルバーに代わる新しいサイドアームの候補として、6発以上の装弾数を持ち、かつ素早い弾倉の交換が行えることから連射性に優れるオートマチックハンドガンに着目していました。

また同時に、米比戦争において制式弾薬として使用していた38ロングコルト弾の威力不足が問題視されており、新たに採用する新型拳銃は1発で相手の動きを止める威力を持った、大口径弾を使用するオートマチックにすべきとの結論に達しました。

その要請を受けてコルト社は、ジョン・ブローニングが考案した新型弾薬.45ACP(.45 Auto Colt Pistol)弾とこれを使用する大型自動拳銃M1905を開発しました。

米軍はこの45ACP弾を次期新型弾薬と決定し、1906年から新型拳銃のトライアルを開始します。

コルト社のほかサヴェージアームズ、DWM(ルガー)の3社が最終的な選考を競った結果、実に6,000発もの耐久テストを一度も作動不良を起こすことなく通過したコルト社がトライアルに勝ち残ることになります。


この新型拳銃は「M1911」の名称で1911年に陸軍をかわきりに米軍制式拳銃として採用され、コルト社とスプリングフィールド国営造兵廠らによって1912年から1919年3月まで生産が続けられ、その数量は70万丁におよぶといわれています。

そして第一次世界大戦末期の1918年5月、米陸軍はM1911の更なる増産を求めました。
このオーダーを満たすべくコルト社は大幅な生産性の向上を図り、第一次大戦終結をはさんだわずか11ヶ月の期間に30万丁以上ものM1911を生産しています。


このM1911として最後に生産されたモデルは、それ以前のものが光沢を帯び青味がかった色調であったのに対して、研磨工程の省略化によってほぼ黒色の仕上に変更されていたそうです。

現在米国のコレクターの間では、この末期生産型のM1911をその漆黒の外観から「ブラックアーミー」と呼称しています。


[ WAクラフトマンシップで再現されたディティール ]

WAでは、100年以上の永きにわたりアメリカを守り続けて来た傑作軍用拳銃、コルト・ガバメントの歴史にその名を刻む「ブラックアーミー」をハンドフィニッシュならではのワンランク上のクオリティーで、この異端のミリタリーモデルをモデルアップしました。

スライドとフレームにはWA独自のカーボンブラックヘビーウェイト材を使用。
大戦末期に生み出された猛々しい外観の特徴を再現すべく、左右両側面にヘアライン仕上を追加。
これに定評ある黒染(ブルーイング)処理を施すことで、通常の塗装表現では味わえない黒光りする鉄肌を彷彿とさせる深みのある風合いを演出しています。

スライドは、なだらかなラインのリーフカットを導入した当時最新のコルトニュースタイルとなっており、左側面中央にランパンコルトのマークがあしらわれた、のちの改良型であるM1911A1に相通ずるものとなっています。
右側面にはシンプルなA1とは異なって「MODEL OF 1911 U.S.ARMY」のマーキングが燦然と彫り込まれているのが特徴です。


フレームはトリガー後部にくぼみのないクラシカルなM1911独特のスタイルを踏襲。
側面には合衆国の財産(UNITED STATES PROPERTY)であることを示す刻印や、プルーフマーク、シリアルナンバーが再現されていますが、これらスライドとフレームのマーキング類は全て彫刻仕上による贅沢なものです。

そのほか、前面に飾り模様のないスムースなロングトリガー、アーリースタイルのスライドストップ、短めのグリップセフティ、スムース&フラットなストレート型ハウジング、ランヤードループ等、ノスタルジックな魅力に富んだ初代軍用ガバメントを特徴付けるパーツ類を網羅しています。


また、真鍮材削り出しブラックニッケルメッキ仕上のアウターバレルや、スチール製のプラグ&リコイルスプリングガイド、メタルチャンバーカバー、そしてフルメタル製のウッド調グリップパネルを採用し、実銃に迫る1キロオーバーの手にズッシリと来る重量感を実現しているのも魅力です。

ガバメントを極めるウエスタンアームズがクラフトマンシップを注ぎ込み お届けする.45オートのオリジン、漆黒のミリタリーモデル「ブラックアーミー」。
二度の世界大戦の戦火を経て、現代にもなお息づくコルト.45オートのスピリッツを是非この機会にその手にしてください。


● スライドとフレームのメンテナンス

カーボンブラックヘビーウエイト材の表面仕上は素材の質感を生かした風合いを重視し、塗装コーティング等の処理を行なっていません。

このため塗装仕上等と異なり、素材に混入された合金粉層が露出した状態になっていますので、経年や使用の頻度等により酸化・変色する場合があります。

ご使用後は、別売のシリコンスプレーで素材表面に付着した汚れ(手の皮脂など)を拭き取る等、定期的にメンテナンスすることを推奨しています。
■ 左側面

■ 主な機構(スライド側)
□ メタルチャンバーカバー
□ ブラス材 削り出しアウターバレル
□ スチール製リコイルスプリングプラグ
□ ハイスピードバッファーシステム
□ スライドストップノッチプレート

■ 左側面

■ 主な機構(フレーム側)
□ トランスファーハンマーver.3
□ 黒染(ブルーイング)仕上メタルパーツ
□ 金属製ダブルダイヤモンドグリップ

 

 

現在の買い物カゴの中身
カートは空です...
0円
レジに進む

商品検索

商品カテゴ・?

M4A1シリーズ
M16シリーズ
ベレッタシリーズ
M1911A1シリーズ
オーソドックス
タクティカル
レースガン
コンパクト
その他シリーズ
M4A1用アクセサリー
ベレッタ用アクセサリー
M1911A1用アクセサリー
消耗品&メンテナンス用品

ご利用ガイド

ご注文の手順
お問い合わせ
FAQ
訪問販売法に基づく表示
サイトのご利用について

※各製品は予告なく仕様が変更される
 場合がございます。ご了承ください。

動画説明書

渋谷店公式ブログ
渋谷店公式ブログ
渋谷店情報


SSL/TLSとは?

ページのトップへ戻る


ご注文の手順 お問い合わせ FAQ 特定商取引法に基づく表記 サイトのご利用について